読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋で朝活!! 朝活@NGO|朝食読書会・もくもく勉強の会

朝活@NGOのブログ。 名古屋駅(名駅)・伏見・栄・藤が丘のカフェで「朝食読書会」「もくもく勉強の会」を定期的に開催しています。 ビジネス書著者を招いてイベントも開催。 朝時間を活用して、素敵な1日に!

【満席・藤が丘】12月18日(日)『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(伊藤 亜紗)

告知・藤が丘 朝食読書会 朝活 名古屋

 

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)
 

 

  第80回 朝食読書会@藤が丘

一人で読書もいいけれど、同じ本についてみんなで語り合うと一段と理解が深まります。

日曜の朝、ちょっと早起きして、コーヒーを片手に同じ本を読んだ同士でディスカッション。一日のスタートにいい刺激になりますよ!

藤が丘では教養・自己啓発から小説まで、ジャンルは広めにセレクト。

それと皆にお薦めしたい本を一冊ご持参ください。ビジネス本、小説など自由な選書で!

※課題本は読んだ上でご参加ください。
※学生の方や現在お仕事をされていない方も歓迎です。

イベントの詳細

日時:2016年12月18日(日) 8:30~10:00くらい

8:30~8:45 ドリンク・フードのオーダーしたり自己紹介など。

8:45~9:30 第1部 課題本から刺激を受けたこと、感じたことなど各自のアウトプットを。

9:30~10:00 第2部 お薦め本を順番に紹介。一人5分で紹介・ディスカッションくらいのイメージ。

※10:00以降も残れる方は続けてお話されてもよし、まったり読書もよし。
※電車やお仕事の都合で多少の遅刻や途中で抜けることはOKです。できれば事前にお知らせください。

場所:『STARBUCKS COFFEE 藤が丘effe店 』
http://bit.ly/q9rcIf

参加費:各自のドリンク代・フード代。参加費は無料。

 課題

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)
 

【内容紹介】

〈見えない〉ことは欠落ではなく、脳の内部に新しい扉が開かれること。テーマと展開も見事だが、なんといっても、やわらかで温度のある文体がすばらしい。驚くべき書き手が登場した。

視覚障害者との対話を通して、「見る」ことそのものを問い直す、新しい身体論】

 

私たちは日々、五感――視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚――からたくさんの情報を得て生きている。

中でも視覚は特権的な位置を占め、人間が外界から得る情報の八~九割は視覚に由来すると言われている。

では、私たちが最も頼っている視覚という感覚を取り除いてみると、身体は、そして世界の捉え方はどうなるのか――?

美学と現代アートを専門とする著者が、視覚障害者の空間認識、感覚の使い方、体の使い方、 コミュニケーションの仕方、生きるための戦略としてのユーモアなどを分析。

目の見えない人の「見方」に迫りながら、「見る」ことそのものを問い直す。

 

(アマゾンより)

ご注意

ネットワークビジネスやセミナー、宗教・政治的な勧誘、商品の販売を目的とした参加は固くお断りいたします。

◎あくまで読んだ本のディスカッションと自己の向上を目的としています。他人の批判や不快にする言動、行動は慎んでください。

◎複数の参加メンバーから上記に関する苦情申し立てがあった方に関しては以後の参加をお断り致しますので、ご了承下さい。

お申込・お問い合わせ

◎お申し込みはmixiからお願いします。mixiのIDをお持ちでない方はメールにて参加希望の旨をどうぞ!

朝活@NGO(藤が丘)⇒ ※定員に達しました


◎参加表明の締め切りは12月16日(金)とします。

メールでのお申し込み・お問い合わせ

asakatsu.ngogmail.com
(朝活@NGO 事務局)

※メールのアドレスは「◆」を「@」に置き換えて下さい。